ここから本文です

「北朝鮮崩壊に備え協議を」 オバマ政権時の国務副長官

7/17(月) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 米国のオバマ前政権で国務副長官を務めたトニー・ブリンケン氏が朝日新聞の単独取材に応じ、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)体制の崩壊に備え、日米韓や中国などが「事前協議をすることが非常に重要だ」と語った。在任中に中国側に協議を持ちかけたが、応じなかったことも明らかにした。
 ブリンケン氏は、金正恩・朝鮮労働党委員長が権力基盤を固めつつあり、体制崩壊の可能性が高いわけではないとしながらも、「いつでも起こりうる」との見方を示した。こうした危機感は、昨年11月にオバマ大統領がトランプ次期大統領(いずれも当時)と面会した際に伝えられたという。……本文:1,627文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社