ここから本文です

【ホンダF1】ザウバー、ホンダとパワーユニット供給について協議再開・・・ホンダは「異論なし」

7/17(月) 7:03配信

TopNews

ザウバーとホンダの間で協議が再開されることがわかった。

ホンダは前ザウバー代表のモニシャ・カルテンボーンとの間で、2018年からカスタマーエンジン契約の交渉をしてきた。

●【動画】トロロッソ、チームメイトで同士打ち

しかし、ザウバー新代表に就任したフレデリク・ヴァスールは、契約は解除する方針だという。フレデリク・ヴァスールは、昨年までルノーのチーム代表を務めていた。

シルバーストーンのパドックのうわさでは、ザウバー・ホンダの取り決めは、具体的な契約ではなく、意向の表明と公式発表に過ぎないという。

ホンダF1の山本雅史ディレクターは、シルバーストーンで次のように語った。

「我々はザウバーにパワーユニットを供給する用意があります」

「私はモニシャ・カルテンボーン元代表とたくさんのことを積み重ねてきたし、ザウバーと組みたいと思っています」

「ホンダは当初合意した契約に異論はありません」。

最終更新:7/17(月) 7:03
TopNews