ここから本文です

【Krush】中国チーム、対抗戦勝利も内容には不満

7/17(月) 16:02配信

イーファイト

 7月16日(日)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.77 ~日本 vs 中国・6対6全面対抗戦~』の一夜明け会見が、17日(月)都内で行われた。

【フォト】渡部との壮絶な打ち合いで顔を腫らしたインホァ

 対抗戦で4勝2敗の成績を収め、日本チームに勝利した中国チームが会見に出席。それぞれ前日の試合を振り返った。

 里見柚己(K-1 GYM YOKOHAMA TEAM TORNADO)に判定勝ちしたワン・ジュングァン(中国/中国高大拳クラブ)は、「自分の理想とするファイトスタイルではなかった。少し反省点があります。里見選手はテクニックが多彩でいい選手。試合をコントロールする能力が高い。次はもっといい試合をする」と、勝利を収めながらも試合内容には納得していない様子。

 佐野天馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)に敗れ、これで武尊、小澤海斗に続き日本人選手に3連敗となってしまったユン・チー(中国/大東翔クラブ)は、「負けてしまったのが悔しい。でも大丈夫です。また頑張って帰ってきます。佐野選手は三日月蹴りがよかった。効きました」と再起を誓う。

 中国国内で初代K-1ライト級王者ウェイ・ルイのライバルと目されており、注目されていたドン・ザーチー(中国/大東翔クラブ)は、瑠輝也(るきや/TRY HARD GYM)に右飛びヒザ蹴りで初回KO負けを喫したことに悔しさを隠せない。

「とても残念で悔しい。中国のファンを失望させた。意外な形で負けてしまった。実力を発揮出来なかった。もしチャンスをもらえれば次はいいファイトを見せたい。相手は身長が高くてリーチが長い。おそらく自分のことを研究して対策を練っていたのではないか。凄くやりづらい相手だった」と試合を振り返った。

 渡部太基(Golden Globe)との打ち合いを制したティエ・インホァ(中国/大東翔クラブ)は、「自分にとっていい結果になった。相手がプレッシャーをかけて前に来る選手だったのでいい試合になったと思う。自分としてもこういう相手の方が激しい試合が出来る。相手はアグレッシブでスキルが全体的に高い。タフだった。自分のコンディションがベストではなかったので次回はコンディションを整えたい」と、実力は発揮出来ていなかったという。

 小宮由紀博(HEAVY CLASS)から華麗な後ろ回し蹴りでダウンを奪って勝利したチュー・ジェンリャン(中国/大東翔クラブ)は、「自分にとって満足のいく内容ではなかった。試合の中で組み付きが多く、持ち味が出せなかった。次はもっといい試合を見せたい。相手はとても距離を詰めて前へ出てくる選手で、自分としては距離の取り方が難しかった。ただ距離の取り方は自分の方が上だった」と、同じく自分の実力はこんなものではない、と話す。

 そして、試合2週間前に急遽出場が決まったにも関わらず卜部弘嵩(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)を破ったジェン・ジュンフェン(中国/大東翔クラブ)は、「卜部はとても強い選手でした。タフな選手で技術も高い選手でした。勝つことが出来たのでいい試合が出来たことを感謝したい」と相手を称えた。

 また、対抗戦第二弾については「ぜひやりたい」と全選手が口をそろえた。

最終更新:7/17(月) 16:02
イーファイト