ここから本文です

山車コン、温泉通り町総合V アニメキャラ題材、4年ぶり―熱海

7/18(火) 10:30配信

伊豆新聞

 「第49回熱海こがし祭り山車コンクール」(市観光協会主催)の審査結果が16日に発表され、「ミニオンズ大脱走!!」と名付けた山車で参加した温泉通り町が、4年ぶり3回目の総合優勝を果たした。

 隔年出場し、2015年は部門優勝している同町内は今回、人気アニメ映画のキャラクターをモチーフにし、発泡スチロールで手作りした高さ2・5メートルの人形を載せた。山車の側面にはキャラクターとヤシの木を描き、栄光熱海中央保育園の園児の足形をヤシの葉に見立てて名前を添えて飾った。

 青年会が中心となって製作した。今春、会長に就いたばかりの藤原寿雄さん(31)は「メーンの人形作りに力を入れた。久しぶりの総合優勝はうれしい。青年会員だけでなく町内会の協力があったからこそだと思う」と話した。祭典実行委員長の渡辺辰弘さんは「若い人たちが盛り上げてくれた。楽しむ姿が評価されたのではないか。総合優勝はもちろん、安全に運行できて良かった」、町内会長の鈴木博宣さんも「若い力のおかげ」と喜んだ。

 今回は装飾の部に18町内、木彫りの部に15町内が参加し、「装飾」「お囃子(はやし)」「行列」で競った。温泉通り町と同じキャラクターを題材にした装飾山車が多かった。各町内、お囃子に加え、風船や傘を掲げるなどしてアピールした。

 【写説】総合優勝を飾った温泉通り町=東海岸町の国道135号

最終更新:7/18(火) 15:07
伊豆新聞