ここから本文です

【Krush】大金星の瑠輝也がK-1王者との対戦をアピール

7/17(月) 16:53配信

イーファイト

 7月16日(日)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.77 ~日本 vs 中国・6対6全面対抗戦~』の一夜明け会見が、17日(月)都内で行われた。

【フォト】昨夜、激闘を繰り広げた全12名のファイターが会見に出席した

 中国のキックボクシング大会『GLORY OF HEROES』の中国チームと対抗戦を行ったKrush日本チームは、2勝4敗で敗れた。

 大将戦で敗れた第2代K-1スーパー・フェザー級王者の卜部弘嵩(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)は、「悔しい気持ちです。ファンの皆さんの顔を見て悔しさが増す。本当に悔しいです。(相手との距離が)遠く感じました。今後は試合で見せるしかない。試合をすることでしか今の気持ちを表現できない」と、かなり落ち込んだ表情で試合を振り返った。

 チュー・ジェンリャン(中国/大東翔クラブ)に後ろ回し蹴りでダウンを奪われて敗れた小宮由紀博(HEAVY CLASS)も、「凄く残念です。相手は間の取り方や距離感が上手かった」と言葉少なく語り、負けた悔しさがにじみ出ていた。

 ティエ・インホァ(中国/大東翔クラブ)と観客

を沸かせる打ち合いの末に敗れた渡部太基(Golden Globe)は、「日本とKrushを背負って戦って敗れましたが、いい経験になりました。試合も凄く楽しく、久しぶりにやり切った試合が出来た。相手は気持ちも強く、身体も強かった」と、敗れはしたものの全力を尽くした達成感はあったようだ。

 中国国内で初代K-1ライト級王者ウェイ・ルイのライバルと目されているドン・ザーチー(中国/大東翔クラブ)を、1R2分53秒、右飛びヒザ蹴りでKOする大金星を得た瑠輝也(るきや/TRY HARD GYM)は、「試合に向けて作戦をたてて、毎日相手の試合映像を見ていてやってきたことが結果になりました。パンチが強くて、ラウンドを重ねる毎に勢いを増す選手なので、早い段階で腹を効かせて、いろいろなところに攻撃を散らして最後はヒザ蹴りで仕留めると考えていました」と、作戦がハマったと明かす。

 さらに、「ウェイ・ルイと延長戦までいった相手を1RでKOしたので、ルイと戦いたい気持ちが増した。倒したいです」と、ルイに宣戦布告する大胆不敵さ。

 武尊、小澤海斗とも戦っているユン・チー(中国/大東翔クラブ)を破った佐野天馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)は、「とりあえず勝ててホッとしています。試合中に気付くことが多くて、まだまだ強くなれると思いました。相手はやる前から分かっていたが、パンチが硬くて強かったですね」と振り返る。

 ワン・ジュングァン(中国/中国高大拳クラブ)に敗れたが、1Rは互角の戦いを展開した里見柚己(K-1 GYM YOKOHAMA TEAM TORNADO)は、「身体がメチャ強くて本物の選手だと思った。フィジカルが今まで戦った日本人と全然違う。完敗して応援してくれた人に申し訳ない。練習を再開してまた頑張りたい」と再起を誓った。

 また、中国チームを率いる『GLORY OF HEROES』創設者のチェンドン氏が、中国のビッグマッチに日本人選手を招聘したいと語ったことについて、佐野だけは「僕は日本で試合がしたいです」と拒否したが、他の4人は中国へ乗り込んでいきたいと話している。

最終更新:7/17(月) 16:53
イーファイト