ここから本文です

実は契約最終年 DeNAラミレス監督は進退問題も発奮材料

7/17(月) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

「2年契約の最終年を迎えるラミちゃんの続投ハードルは高いそうです」

 こう話すのは、ある放送関係者。

 前半戦を貯金2の3位で終えたDeNA。主砲の筒香、首位打者の宮崎(.349)、打点王のロペス(67打点)を擁する打線は広島以上との声すらライバル球団から聞こえてくる。

 首位広島とは10.5ゲーム差だが、2年連続Aクラス、2位通過でのCS本拠地開催、CSを突破しての日本シリーズ進出の可能性は残っている。

「10年連続Bクラスだった球団を2年連続でAクラスに導けば、普通は続投でしょう。でも、DeNAは新規参入時、創設5年で優勝という目標を掲げた。4年間、中畑監督で地ならしをし、創設6年目の今季は優勝を狙う勝負の年。2年連続Aクラスでも、CS敗退なら進退問題が浮上するともっぱらです」(前出の放送関係者)

 当のラミレス監督はしかし、自らの進退問題を発奮材料にしているようだ。周囲から反対意見も出る中、「8番投手、9番倉本」という変則的な打順を組んで、これが大当たり。ハードルの高さにめげるどころか、何とか乗り越えてやろうと知恵を絞り、結果としてチームを押し上げている。主将の筒香を中心に結束力はある。広島との対戦成績は7勝7敗と拮抗している。

 最後の最後にドンデン返しが起こっても不思議じゃない。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/28(金) 11:15