ここから本文です

教室の冷房、設置に地域差 公立小中校41%、全国では増加

7/17(月) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 全国の公立小中学校の教室で冷房が設置されている割合は41・7%(4月1日現在)で、3年前と比べて11・8ポイント増えていたことが、文部科学省の調査で明らかになった。毎年のように猛暑が続いている影響で設置率は右肩上がりだが、地域差が大きく、夏休みの長さにも影響を及ぼしている。

 文科省によると、全国の公立小中学校の82万532教室のうち、冷房が設置済みなのは34万2267教室。調査を始めた1998年度と比べて、設置率は6倍以上に伸びている。文科省の担当者は「気候の温暖化による影響のほか、校舎の耐震化工事が一段落し、空調の整備を進める自治体が多い」と話す。……本文:3,528文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社