ここから本文です

次戦ハンガリーGPでドライバー交代か?トロロッソ、ルノー、来季を見据え

7/17(月) 14:53配信

TopNews

昨季GP2王者のピエール・ガスリーが、次戦F1第11戦ハンガリーGPでトロロッソからデビューする可能性が高まっているようだ。

●【動画】幸運メルセデス、悪夢フェラーリ・・・マクラーレン・ホンダ無得点/F1イギリスGP決勝レース ハイライト映像

ドイツの『Auto Bild(アウト・ビルト)』は、カルロス・サインツがトロロッソをすぐに離れることができるといい、ルノーで苦戦しているジョリオン・パーマーと交代すると報じている。

「ルノーのシリル・アビテブールとレッドブルのヘルムート・マルコは現在、約800万ドルの補償金で話し合いを続けている」

「ルノーが資金を調達できたら、サインツはパーマーに代わってF1ハンガリーGPにルノーから出場し、トロロッソはジュニアドライバーのピエール・ガスリーをデビューさせる」

このうわさには裏付けがあるようだ。F1オーストリアGPでは、ヘルムート・マルコはカルロス・サインツの2018年のオプションを行使したにも関わらず、公でカルロス・サインツを非難していたことから、カルロス・サインツがレッドブル・ファミリーを離れる可能性があるという。

レッドブルの創業者ディートリッヒ・マテシッツは、「もしドライバーが留まりたくないなら、契約があったとしても留まるべきではない」と述べた。

一方、シルバーストーンでジョリオン・パーマー(ルノー)は、「ベストを尽くしているよ」と述べていたが、レース直前にトラブルでリタイアしている。

最終更新:7/17(月) 14:53
TopNews