ここから本文です

神戸5人死傷事件 容疑者の祖父は失血死

7/18(火) 1:09配信

関西テレビ

関西テレビ

神戸市北区で高齢の男女5人が死傷した事件で、殺害された男性の死因は首を切られたことによる失血死だったことがわかりました。

無職の竹島叶実容疑者(26)は、16日、神戸市北区の自宅で、同居する祖父の南部達夫さん(83)を金属バットや包丁で殺害した疑いで、再逮捕されました。
司法解剖の結果、南部さんの死因は右の頸動脈などを切られたことによる失血死だったことがわかりました。
また、南部さんの遺体には首や胸などに複数の刺し傷があったほか、頭部などにも殴られた跡があったということです。

【竹島容疑者に追いかけられた男性】「女性が追いかけられていた。ぱっと行くと犯人が正面から来たので。無表情。威嚇するんでもなく声をあげるんでもなくじっとこっちを見て、向かってくるので、怖かった」

警察の調べに対し、竹島容疑者は黙秘していて、警察は殺害の動機などについて慎重に調べています。

最終更新:7/18(火) 1:09
関西テレビ