ここから本文です

<飯舘村>ふるさと納税者対象に村への交通費補助

7/17(月) 11:36配信

河北新報

 福島県飯舘村は、ふるさと納税の寄付者らを対象に、村を訪問する際の交通費の半額を補助する制度を始めた。東京電力福島第1原発事故からの復興に向け、交流人口の拡大などにつなげる。

 「ようこそ補助金」と名付けた取り組みで、村独自の「いいたてっ子未来基金」の寄付者も対象。自宅-JR福島駅間は公共交通機関、同駅-飯舘村間はタクシーの利用を想定し、6万円を上限に補助額を算定する。領収書は不要で、実際の交通手段や実費は問わない。

 村役場か村のホームページで取得できる申請書を役場に直接提出すると、補助金が後日口座に振り込まれる。申請は1人につき年1回のみ。村が2015年2月に創設した別の基金を取り崩して財源に充てる。

 申請者には村の震災記録誌を配り、希望すれば語り部も紹介。村は18年度以降も継続する方針で、担当者は「一部を除く避難指示が今春解除された村の現状を見てほしい」と話す。

 16年度の飯舘村のふるさと納税の寄付額は約2億4000万円。今春までの全村避難の影響で納税者に提供できる地元産品がほとんどないため、返礼品は全国各地の産品をカタログから選んでもらっている。

 連絡先は村総務課0244(42)1613。

最終更新:7/18(火) 19:02
河北新報