ここから本文です

中国、重慶市トップに習主席側近の陳氏起用

7/17(月) 11:30配信

ロイター

[上海/北京 15日 ロイター] - 中国共産党は15日、重慶市トップの孫政才・市党委員会書記の後任に、習近平国家主席の側近として知られる陳敏爾・貴州省党委書記を起用する人事を決めた。国営新華社が報じた。

党の最高指導部を構成する政治局常務委員を選出する秋の党大会を前に、習主席は権力固めを本格化させているとみられる。

陳氏はかつて浙江省で習氏の部下として勤務して以来、党内の序列を急速に駆け上がってきた。重慶市トップへの抜てきで同氏の政治局入りはほぼ確実になった。

また指導部関係者によると、陳氏は習氏の後ろ盾で一気に常務委員会入りする可能性もあるという。

最終更新:7/18(火) 1:18
ロイター