ここから本文です

高、板飛び込み 伊熊姉弟制す 静岡県中学総体・飛び込み

7/17(月) 7:55配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 第70回県中学校総合体育大会(県中体連、県教委など主催、静岡新聞社・静岡放送後援)は16日、浜松市総合水泳場トビオで飛び込みを行った。男子高飛び込み、板飛び込みは1年の伊熊扇李(浜松学院)が優勝。女子高飛び込み、板飛び込みは伊熊柚葉(浜松新津3)が頂点に立ち、姉弟で県王者に輝いた。



 ■柚葉「演技良かった」 扇李「全中も優勝を」

 男女の高飛び込み、板飛び込みはトビオで練習を積んでいる伊熊柚葉、扇李の姉弟が制した。日体大で活躍した父の豊和さん、母の千香子さんをコーチに競技を始めて4年目。表彰式では2人とも賞状を手に、うれしそうな表情を浮かべた。

 弟の扇李にとっては県大会は通過点に過ぎない。昨年度の県水連ジュニア強化選手に指定され、3月のJOCジュニア五輪は男子12~13歳の部で優勝。この日も400点を超える高得点をマークしたが「入水の角度など細かいミスが多い」と試合後は父と一緒に居残り練習に励んだ。「目標は五輪。全中も優勝します」とさらなる高みを目指す。

 姉の柚葉は得意の前宙返りが決まり「どの演技も良かった」と納得の表情。昨年の全中は高、板飛び込みとも予選落ちで「今年は両方とも決勝進出したい」と意欲を見せた。

静岡新聞社