ここから本文です

ロッテ伊東監督、銀箔ミットに感激 チーム低迷も…スタッフ27人が殿堂入り祝福

7/17(月) 6:05配信

デイリースポーツ

 ロッテ・伊東勤監督(54)が16日、“銀箔(ぎんぱく)ミット”の前に闘志をかき立てた。

【写真】野球殿堂入りで表彰される伊東監督

 前半戦を終了して25勝55敗1分け。借金30の最下位で後半戦に臨むが、指揮官は「ああだ、こうだと考えるよりも結果を出すしかない」と前を見据えて言い切った。

 負けん気に火を付けたのは、チームスタッフ27人から野球殿堂入りを祝って数日前に贈られた銀箔の特製ミットだ。手のひらの部分には27人の名前が記されている。「うれしい。頑張ろうという気になる」。裏方さんらの温かい心遣いが琴線に触れる。

 練習前には「この屈辱は将来的には役に立つ。今は一戦一戦、必死で戦う姿をファンに見せよう」とナインに訴えた。伊東監督が最下位脱出へ執念のタクトを振る。