ここから本文です

<わにとかげぎす>くりぃむ有田が連ドラ初主演! ショボクレ中年が美女と恋?

7/18(火) 15:30配信

まんたんウェブ

 お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の有田哲平さんが主演を務める深夜の連続ドラマ「わにとかげぎす」(TBS、水曜午後11時56分)が19日、スタートする。「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」「ヒメアノ~ル」で知られる古谷実さんのマンガが原作で、連ドラ初主演となる有田さんが中年、独身、童貞でずっと日の当たらぬ生活を送り、人生を眠り倒してきた38歳のショボクレ警備員、富岡ゆうじを演じる。

【写真特集】くりぃむ有田と本田翼の大胆ラブシーンにドキドキ!!

 古谷さんの作品の初の連ドラ化。物語は、富岡が“没な人生”にお別れするため「友達作り」に奮起するも、次から次へとアクシデントが起き、人生が思わぬ方向に……と展開する。富岡に一目ぼれしてしまう小説家志望の美女、羽田梓役で本田翼さんも出演。本田さんは原作にあるきわどいシーンにも体当たりで挑戦し、新境地を開いている。

 そのほか、初の連ドラレギュラーとなる音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のコムアイさんが物語のカギを握るヤクザの組長の愛人役で登場し、俳優の光石研さんや賀来賢人さん、吉村界人さん、淵上泰史さん、村上淳さんも出演。同局系の連続ドラマ「カルテット」(2017年1月期放送)の坪井敏雄さんが演出を手掛ける。

 第1話は、深夜のスーパーマーケットで警備員をしている孤独な中年、富岡(有田さん)は、日々の生活に疑問と不安を覚える。ある夜、流れ星に「友達が欲しい」と願うと、謎の隣人女性、羽田(本田さん)が現れ、一目ぼれされるが、富岡はその気持ちに全く気付かない。さらに、人生放浪者と称するホームレスのオヤジ(光石さん)の出現や、「お前は1年以内に頭がおかしくなって死ぬ」という謎の脅迫状により、富岡の人生は一変していく……というストーリー。同局の「テッペン!水ドラ!!」枠(水曜午後11時56分)で放送。

最終更新:7/18(火) 15:30
まんたんウェブ