ここから本文です

モウリーニョ監督、C・ロナウドのマンU復帰を否定 「ミッション・インポッシブル」

7/17(月) 14:00配信

ISM

 マンチェスターU(イングランド)のジョゼ・モウリーニョ監督が現地時間16日(以下現地時間)、レアル・マドリー(スペイン)FWクリスティアーノ・ロナウドの獲得は不可能との見解を示した。英『BBC』が報じている。

 スペイン検察から脱税の疑いで起訴されたC・ロナウドは、自身への扱いに怒り、スペイン国外への移籍を考えているとも報じられた。その移籍先候補の1つに挙げられたのが、2009年まで在籍していた古巣マンUだ。

 しかし、モウリーニョ監督は5対2と勝利した16日のLAギャラクシー(MLS/アメリカ・メジャーリーグサッカー)とのプレシーズンマッチ後、C・ロナウドの獲得について「金銭的に難しい」との見解を示した。

 モウリーニョ監督は「自分のクラブに、ミッション・インポッシブルな選手(の獲得)に時間を無駄に費やさせることはない」「C・ロナウドは所属クラブにとってあまりに重要な存在で、大きな財力を持つ選手。移籍するかもしれないと考えられるだけの理由を見つけることはできなかった」と、同選手の復帰を否定している。

 また、同じくレアルに所属するFWアルバロ・モラタの獲得についても、モウリーニョ監督は「残念だ」と、獲得が難しいことを示唆した。

 指揮官は「私がトップチームに引き上げた選手で、私とは特別な繋がりがある。ユヴェントス(イタリア)とレアルでの成長を楽しんできた」とモラタを称賛しつつ、「そのクラブと合意に達しなかった。彼が来ることはないと思う」と、モラタの引き抜きに失敗したことを明かしている。

最終更新:7/17(月) 14:01
ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合