ここから本文です

全国高校野球静岡大会2回戦 焼津球場(16日)

7/17(月) 8:03配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 ■藤枝明誠 要所締め勝利

 ▽2回戦(焼津第1試合)

 藤枝明誠

 001102000―4

 000000010―1

 清水西

▽二塁打 松村、清水(藤)

▽守備妨害 小沢(清)

▽試合時間 2時間1分

 【評】シードの藤枝明誠が序盤のピンチをしのぎ、中盤以降は試合を優位に進めて清水西を下した。

 藤枝明誠は三回に河合、松村の1、2番の連打で先制。四回にも主軸清水の適時打で追加点を挙げた。主戦久保田は得点圏に走者を出しながらも、要所を締めて1点に抑えた。

 清水西は10安打を放ったが、得点機に打線が沈黙した。



 ■沼津東 快勝

 ▽2回戦(焼津第2試合)

 沼津東

 4001012―8

 1000000―1(7回コールド)

 城南静岡

 ▽三塁打 橋本(沼)

 ▽二塁打 安田2、井出、大橋2(沼)今枝(城)

 ▽暴投 渡辺(沼)幸村、水谷(城)

 ▽試合時間 2時間4分

 【評】沼津東が12安打の猛攻で着実にリードを広げ、七回コールドで城南静岡を退けた。

 沼津東は一回に先頭大橋、若林ら上位打線がつながり、4点を先制。七回には無死二、三塁から高木の犠飛と代打渡部の左前適時打で2点を加えて試合を決めた。

 城南静岡は初回に1点を奪ったが、散発4安打に抑えられた。



 ■公式戦初勝利ならず 船川監督就任2年目の城南静岡

 「静岡の野球は甘くない」。城南静岡の船川監督はチームの力不足を認め、淡々と振り返った。

 先発メンバー6人が1、2年生の若いチーム。初回に連打と失策で先制されると、1年生バッテリーはリズムを崩した。「いろいろと分析して挑んだが、緊張した」とエース幸村。打線は直後に1点を返したが、満塁の好機をつくった七回まで2安打の日吉を除き、沈黙した。

 静岡高を2度甲子園に導いた船川監督が就任して2年目。名将のもとでの公式戦初勝利は、今夏も遠かった。「チーム内での競争や体力、精神的な強さが必要」と指揮官。主将榊原は「まず1勝を目指し、思い切りやってほしい」と後輩たちに悲願を託した。

静岡新聞社