ここから本文です

【AKB総選挙総括】松村「結婚宣言に対する先輩の気持ちもわかる」「インパクト勝負は良くない」

7/17(月) 16:31配信

東スポWeb

【SKEの総選挙総括座談会(3)】SKEの大矢真那(26)、松村香織(27)、惣田紗莉渚(24)によるAKB選抜総選挙総括の第3回は、多くのメンバーの心に響いたと評判になった惣田のスピーチにフォーカスする。「お前のやり方は邪道だ」と言われたというエピソードの核心部分を直撃。そして3人による総選挙総括は、いよいよ今年の総選挙の話題を独占したあの「結婚宣言」へと迫っていく??。

 ――惣田さんは8位にランクイン。SKEの躍進を象徴する一人となった

 惣田:私はAKBの選抜に入ったことがなかったので何年もずっと「入りたい」とファンの方とお話ししてきました。8位で呼ばれた瞬間は本当にうれしかったです。

 ――壇上で語った「ある人に言われました。『お前の上りつめ方は邪道だ』と。誰もが王道を行かないといけないのですか?。泥くさくちゃダメですか? かっこ悪くちゃダメですか? みんなから引かれたっていいじゃないですか。私のやり方に文句がある方にはこう言いたいです。同じことをやってみてください。もしまねをできるのなら、まねをしてみてください」というスピーチは今回の総選挙の中でも評価が高かった

 惣田:いろんな方に「一番印象に残った」と言ってもらえました。

 ――「邪道だ」と言われたのはいつ

 惣田 私は(2014年12月発売の)「12月のカンガルー」で初めてSKEの選抜に入ったんです。当時SKEの支配人だった今村さん(現NGT支配人)に「どうしたら選抜に入れますか?」と聞いたら「握手会を頑張れば入れる」と言われたんです。握手会を好きだったこともあったし、いろいろと工夫したりして選抜になれたんですが、それを見ていたある人に「お前のやり方は邪道だ」と言われたんです。それが3年間ずっと自分の中で残っていて…。

 松村:邪道って私みたいなのじゃない?(握手会で頑張るのは)むしろ王道だよね。

 惣田:なぜその話をしたかというと、こうなりたいとか、こうやりたいとアピールしたりすると、やり方が痛いとか言われることがあって…。「あの子必死だね(笑い)」みたいな。それもあっての言葉というか。8位になれたことで、自分のやってきたことは間違ってなかったんだと、ちょっとだけ自信がもらえました。

 ――8位はそういう人たちを見返すことができる順位だった

 惣田:見返したくてやってたわけじゃないんです。私はSKEに入ったのが20歳を過ぎてからだったしスタートが遅くていつもギリギリでした。第1回AKBドラフト会議で最後に指名されて(注・チームKIIから5位指名)、(視聴者投票で選ばれた48人が歌うことのできる)昨年のNHK紅白歌合戦でも滑り込み(注・50位だったが、年齢の関係で出演できないメンバーが2人いたため繰り上がり出場)。そういう子がファンの方との絆を深めたり、公演や握手会などの基本的なことを頑張れば8位に入れる。ちょっとした希望になれたらいいなと思いました。

 ――あのスピーチは多くのメンバーにも響いた

 惣田:うれしかったのが(総選挙が終わった後に)NGTの若い子が、ばーっと来てくれて泣きながら「感動しました。私も頑張ります」と言ってくれたことです。NMBの先輩やいろいろな人からも…。「かっこよかったよ」と言われました。だからこそ8位という順位を生かせるように。ここからが一番大切だなって思います。

 ――今回の総選挙は感動的なスピーチがいくつもあり、渡辺麻友さんの卒業発表や指原莉乃さんの3連覇など見どころが多かったが、何といってもNMB・須藤凜々花さんの「結婚宣言」だった

 松村:確かに…。

 ――大矢さんは22位、松村さんは18位で壇上では須藤さん(20位)のすぐそばにいた。翌日の某スポーツ紙1面では須藤さんの隣で笑っている大矢さんの姿が大きく写っていた

 大矢:そうなんです。全国ニュースでも(その時の様子が)紹介されてわたしも映るのでいろいろな人から言われました。お洋服屋さんにお買い物に行った時も「結婚発表の時に横で笑っていた子だよね」って声を掛けられたり。「えっ、すごい知名度上がった?」って思って。

 松村:ラッキーじゃん。
 ――「結婚します」という発言を聞いた時はどう思った

 大矢:本当だとは思わなくて。

 松村:うちら勘違いしてた組だよね。

 大矢:「ファンの人と結婚する勢いでやります」とか「NMBと結婚するくらいNMBのことが好きです」とか、そういう意味だとずっと思っていて。(アンダーガールズの記念撮影のため壇上から)はける時までそう思っていたから、りりぽん(須藤)は面白い子だなって感じで笑っていたんです。

 ――松村さんは結婚宣言の直後にスピーチが回ってきた

 松村:徳光さんが「相手の男性はどういう方なんですか」って聞き始めたから、みぃちゃん(19位の峯岸みなみ)と「えっ?」ってなりました。

 大矢:かおたんは総選挙前に収録されたテレビ番組(東海テレビ「千原ジュニアのヘベレケ」)で「寿卒業したい」って言っていたんです。

 松村:まさか本当に言う人がいるとは…。それこそインパクトで、あれに勝るものって、指輪をして会場に相手を呼んで「私はあの人と結婚します!」と言うか、「おなかに赤ちゃんがいます」とかじゃないと勝てないですよ。

 ――来年は期待しています

 松村:二番煎じはしないですよ(笑い)。でも何だろう。選挙がアピール合戦になっちゃうのはよくないなと思っちゃうんです。

 大矢:そうだよね。

 松村:今回の結婚宣言が悪いとかじゃなくて、ファンの人へ感謝を伝えるスピーチじゃなく、インパクト勝負になっちゃうのはよくない。だから先輩たちの気持ちもわかるんです。

(続く)

最終更新:7/17(月) 19:27
東スポWeb