ここから本文です

「日本、超音速の空対艦ミサイル開発…中国けん制」

7/17(月) 13:18配信

中央日報日本語版

日本政府が現在開発している新型空対艦ミサイルを来年から航空自衛隊F2戦闘機に導入することにしたと日本メディアが報じた。

読売新聞は17日、日本政府は来年度予算に数億円の調達費を計上して量産体制に入ると伝えた。報道によると、この新型空対艦ミサイルは日本産の空対艦ミサイルとしては初の超音速で、迎撃されにくいのが特長だ

同新聞は日本政府が自衛隊戦闘機にこのミサイルを搭載しようとするのは、東シナ海などで強引な活動が目立つ中国海軍をけん制する狙いがあると伝えた。

F-2戦闘機は日本と米国が共同開発したもので、艦船に対する攻撃能力が高いということが分かった。航空自衛隊は現在、約90台を保有している。