ここから本文です

Microsoft、モバイル版「Skype」のステータス表示他をユーザーの批判を受けて復活

7/17(月) 14:19配信

ITmedia NEWS

 米Microsoftは7月13日(現地時間)、iOS/Android版「Skype」アプリをアップデートし、6月の大幅アップデートで削除した2つの機能を復活させたと発表した。

【その他の画像】新しいテーマとユーザーインタフェース

 6月のアップデートは、Microsoftが「目を見張るくらい劇的な更新」と謳ったもので、SNS的な要素が増え、Snapchatの「ストーリーズ」のような機能やビデオチャットでの写真や動画の共有機能などが加わった。

 だが、アップデート後のアプリストアでのカスタマーレビューは批判的なものが多く、例えば「どうしてアプデをしたのか意味がわからない」「アプデ前の仕様の方が非常に使いやすかったです」などのレビューが並んだ。

 SkypeのiOSアプリの日本のApp Storeでの現在のバージョンのカスタマー評価は星1つ。過去からのすべてのバージョンの評価は星3つなので、前回のアップデートで評価が下がったことは明らかだ。

 今回復活させたのは、ホームスクリーンの連絡先のステータス表示とテキストチャットでの別のアプリやサービスからのコンテンツの共有機能の2つ。

 Microsoftは「われわれが皆さんのフィードバックに耳を傾け、対応していることを理解してほしい」としている。

 また、新たなテーマとカラーオプションを追加し、UIも見やすいように改善したとしている。

最終更新:7/17(月) 14:19
ITmedia NEWS