ここから本文です

朴城炫がメジャー初制覇、全米女子オープン

7/17(月) 15:22配信

AFP=時事

【AFP=時事】女子ゴルフ米国ツアーメジャー第3戦、全米女子オープン(US Women's Open Championship 2017)は16日、米ニュージャージー(New Jersey)州ベッドミンスター(Bedminster)のトランプ・ナショナルゴルフクラブ・ベッドミンスター(Trump National Golf Club Bedminster)で最終日が行われ、韓国の朴城炫(Sung-Hyun Park、パク・ソンヒョン)が通算11アンダーで初のメジャー制覇を果たした。

【写真】観戦に訪れたトランプ米大統領(その他全3枚)

 ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が見守る中、朴は2日連続で5アンダーの67というスコアを記録してツアー初制覇を遂げ、韓国人選手としてここ10年で7人目となる優勝者となった。

 2位には2打差の通算9アンダーで17歳のアマチュア選手チェ・ヘジン(Hye-Jin Choi、韓国)が続いた。

 23歳でツアールーキーの朴は、昨年大会では2日目を終えて2打差をつけて首位に立っていたものの、3日目と最終日は2ラウンド連続で74をたたき、3位タイに終わっていた。昨年の韓国ツアーでは7勝を挙げ、賞金ランキングは1位だった。

 朴は通訳を通して「幸せですし、興奮しています。現実じゃないみたいです。初日と2日目は最高のプレーはできませんでした。残りのラウンドは自分を信じたいと思ったことが支えになりました」とコメントした。

 15番グリーン近くの特別席から観戦したトランプ大統領は、優勝した朴に対して親指を立てる仕草をみせていた。

 3位タイには通算7アンダーで世界ランク1位の柳簫然(So Yeon Ryu、ユ・ソヨン)とハー・ミジョン(Mi Jung Hur)の韓国勢が続き、5位タイには通算6アンダーでイ・ジョンウン(Jeong-Eun6 Lee、韓国)、カルロタ・シガンダ(Carlota Ciganda、スペイン)、馮珊珊(Shanshan Feng、フォン・シャンシャン、中国)が続いた。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:7/17(月) 15:22
AFP=時事