ここから本文です

全国高校野球静岡大会2回戦 あしたか球場(16日)

7/17(月) 8:07配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 ■富士 桐陽に逆転勝ち

 ▽2回戦(あしたか第1試合)

 桐陽

 000030000―3

 00010210×―4

 富士

 ▽二塁打 下山、近藤、奥村(桐)

 ▽試合時間 2時間7分

 【評】富士が好機を確実にものにし、桐陽に逆転勝ちした。

 富士は2点をリードされて迎えた六回、ともに四球で出塁した佐野創、広田を、犠打と仲沢の適時打などで返して追い付き、七回には2死一、二塁から広田の左前適時打で試合を決めた。

 桐陽は9安打を放ったものの打線がつながらなかった。



 ■手堅い攻めで強豪を退ける

 手堅く戦った富士が強豪桐陽を退けた。長打はなく、派手さは見られなかったが、捕手広田を中心に3年生が活躍し、相手のミスにつけ込んで着実に加点して勝利を引き寄せた。

 「春先は不調でチームに迷惑をかけた。今度こそ自分が決めようと思って打席に入った」。七回、試合を決める左前適時打を放った広田は涙ぐみながら振り返った。

 1年の時から広田とバッテリーを組み、完投した主戦佐野大は「調子は悪くなかったが、平常心を保てない時があった。今日の勝利はみんながつないでくれたおかげ」とバックに感謝した。

 粘り強い野球を目指し、基本に忠実な守備練習を繰り返してきた。佐野創、山田の三遊間の守備の精度も上がっている。久保田監督は「どんな相手でも、最後までボールを追い掛ける野球をしたい」と次戦を見据えた。



 ■富士宮北 6回に8点

 ▽2回戦(あしたか第2試合)

 沼津工

 000100―1

 002018x―11(6回コールド)

 富士宮北

 ▽本塁打 勝亦、篠原(富)

 ▽三塁打 望月康、河原崎(富)

 ▽暴投 杉山3(沼)神橋(富)

 ▽試合時間 1時間46分

 【評】富士宮北が2本塁打を含む長短15安打を放ち、六回コールドで沼津工を下した。

 富士宮北は三回、望月康の適時三塁打で先制すると、六回には勝亦、篠原の本塁打など9安打を集中して8点を加え、一気に試合を決めた。主戦神橋はテンポの良い投球で5安打に抑えた。

 沼津工は四回に1点を返したが反撃の糸口をつかめなかった。

静岡新聞社