ここから本文です

桃田は準優勝=バドミントン・カナダOP

7/17(月) 14:06配信

時事通信

 バドミントンのカナダ・オープンは16日、カルガリーで各種目の決勝が行われ、男子シングルス決勝は桃田賢斗(NTT東日本)が常山幹太(トナミ運輸)に1―2で敗れ、準優勝だった。桃田にとって今大会は、違法賭博問題による出場停止処分が解除されてから約1年3カ月ぶりの国際大会だった。

 女子シングルスは川上紗恵奈(北都銀行)が英国選手に2―1で競り勝って優勝。日本勢対決となった同ダブルスは松本麻佑、永原和可那組(同)が篠谷菜留、星千智組(日本ユニシス)を2―1で破って優勝した。 

最終更新:7/17(月) 14:09
時事通信