ここから本文です

両陛下、帆船日本丸を視察 帆を張る船員をねぎらう姿も

7/17(月) 15:57配信

朝日新聞デジタル

 「海の日」の17日、天皇、皇后両陛下は帆船日本丸や横浜みなと博物館(横浜市西区みなとみらい2丁目)の展示「帆船日本丸の航跡」などを視察した。

【写真】手を振る天皇、皇后両陛下=17日午前11時32分、横浜市、嶋田達也撮影

 両陛下は、船員やボランティア約100人が、日本丸の帆29枚すべてを広げる「総帆展帆(そうはんてんぱん)」の様子を見学。陛下は眼鏡をかけ、「今日は風が少ないから良いでしょうね。風が強い時は大変でしょう」「(帆を張る人が)あんまり高齢の方だと危ないですよね」などと話していた。

 日本丸は1930年に造られた船員を養成するための練習帆船。約55年間、海原を帆走し1万人以上の船乗りを育てた功績が評価され、国の重要文化財に指定される見通しだ。

 また両陛下は、日本郵船歴史博物館(同市中区)も訪れ、戦争で死亡した社員を追悼する「殉職戦没社員冥福祈念像」に一礼した。(緒方雄大)

朝日新聞社