ここから本文です

<天気>東北で大気不安定 雷雨や土砂災害に注意

7/17(月) 17:51配信

毎日新聞

 気象庁は17日、同日夜から18日昼過ぎにかけて、東北地方で雷を伴った非常に激しい雨が降る所があると見られることから、土砂災害や激しい雷雨への警戒を呼びかけている。

 東北地方では、18日にかけて上空に寒気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となる見込みで、北部では17日夜のはじめごろにかけて1時間に50ミリ、日本海側南部では18日明け方から昼前にかけて同40ミリの雷を伴う激しい雨が降ると予想されている。

 18日午後6時までに予想される24時間雨量は、いずれも多い所で日本海側北部 60ミリ▽日本海側南部 100ミリ▽太平洋側 60ミリ。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めるよう注意喚起している。【デジタル編集部】

最終更新:7/18(火) 10:41
毎日新聞