ここから本文です

<なるほドリ>最近はやっている手足口病、どんな病気?

7/17(月) 20:01配信

毎日新聞

 なるほドリ 手足口病が全国ではやっているね。

 記者 府内でも4月から増え出し、6月26日~7月2日の週に警報レベルを超えました。2015年のように大流行の兆しとなっています。

 Q どんな病気なの?

 A 4歳くらいまでの幼児を中心に夏場に流行する疾患で、コクサッキーA6(CA6)やエンテロウイルス71などのエンテロウイルスに感染して発症します。口内や手のひら、足の裏などに水疱(すいほう)状の発疹が出るほか、3人に1人程度の割合で熱が出ます。通常数日で治りますが、髄膜炎などの合併症を引き起こすこともあります。

 Q 子供だけかかるの?

 A いいえ。33歳の私も6月に感染しました。38~39度台の発熱が続き、喉仏(のどぼとけ)や舌などにたくさん口内炎ができました。手足には赤い発疹が現れ、病院で手足口病と診断されました。対症療法しかなく、鎮痛薬で痛みを和らげながら治るのを待ちました。1歳7カ月の長男からうつったようです。

 Q 食事が大変だね。

 A 水分だけは取るようにしましたが痛いのなんの……。子供が飲食を嫌がり脱水症状になってしまうこともあり注意が必要です。

 Q 感染経路は?

 A くしゃみなどの飛沫(ひまつ)や便からです。大阪健康安全基盤研究所(大阪市)によると、エンテロは腸管を意味し、その名の通り腸で増えやすいウイルスです。症状が治まった後も長ければ1カ月ほど便からウイルスが出続けます。

 Q 感染を防ぐには?

 A 国内に有効なワクチンはなく、こまめな手洗いやうがいの徹底が大切です。夏場はおろそかにしがちなので気をつけましょう。

 Q 子供が触るおもちゃなどの消毒も大事だね。

 A エンテロウイルスはアルコール消毒への抵抗性が強いとされ、市販の塩素系漂白剤に含まれる次亜塩素酸ナトリウムが有効です。ただし、成分によってはアルコール系の消毒薬も効果がある場合があるので、購入時に聞いてみることをお勧めします。

回答・千脇康平(社会部)

最終更新:7/17(月) 20:01
毎日新聞