ここから本文です

注連縄切り、辻回し…見どころ満載の祇園祭・前祭の山鉾巡行

7/17(月) 19:28配信

毎日放送

毎日放送

 祇園祭が行われている京都では、豪華絢爛な山や鉾が都大路を練り歩く前祭の「山鉾巡行」が行われました。

 祇園祭の期間中“神の使い”として、公の場で地に足をつけることが許されないお稚児さんは強力に抱えられ、鉾へと向かいます。そのお稚児さんの最大の務めは神と人間の世界との結界を文字通り、一刀両断にすること。そして…見事、通りに張られたしめ縄を切り落とし、長刀鉾を先頭に鉾9基と山14基の巡行が始まりました。

 道路を埋め尽くす観衆が見守る中、ゆっくりと進みます。山や鉾の中には重さ10トンを超えるものもありますが、見せ場は90度方向を変える「辻回し」。敷き詰めた竹に水をかけ、車輪をすべらせる伝統の技が光ります。

 「あんな大きな人の背丈よりある車輪が回るところは本当に感動しました。来てよかったです」(観光客)

 24日には、後祭の10基が再び通りを彩ります。

毎日放送

最終更新:7/17(月) 20:15
毎日放送