ここから本文です

東海大甲府・岩崎、1イニング2本塁打 山梨で公式戦初

7/17(月) 19:46配信

朝日新聞デジタル

(17日、高校野球山梨大会 東海大甲府26―0山梨農林)

 山梨大会で、東海大甲府の3番岩崎颯(はやて)(3年)が3回戦の山梨農林戦で四回、2本塁打を放った。この回最初の打者として右翼席へ放り込むと、2度目の打席は内角の変化球を振り抜き、再び右翼席へ。県高野連によると、1イニング2本塁打は県内公式戦で初という。

 昨年3月、練習試合で左手首を負傷。プレーができなかった約8カ月間、ウェートトレーニングで筋力をつけ、右腕だけでバットを振り続けた。

 復帰後は左右の腕のバランスが悪くなり、筋力がついた右腕の力を抜く打ち方を模索。夏の大会目前に「やっとフォームが整ってきた」と話す。村中秀人監督は「復帰が間に合ってよかった。ここぞという時に打ってくれる打者になりつつある」と評価した。=山日YBS(野口憲太)

朝日新聞社