ここから本文です

エース古賀「全員で点取れた」 バレー女子WGP

7/17(月) 7:55配信

産経新聞

 全員で拾い、つなぎ、決めきる、日本の“色”を最後まで出し続けた。

 2セットを先取しながらもつれたフルセットの末に、12連敗中のブラジルを6年ぶりに破った。エース古賀は「自信になった。全員で点を取れた」とうなずいた。

 前日はセルビアにストレートで完敗した。試合前、選手からは覇気が感じられなかった。中田監督は「もう一度戦う姿勢を見せよう」と言った。選手、監督として多くの修羅場をくぐり抜けてきた指揮官の言葉で、選手たちは目を覚ました。

 監督の鋭い読みも的中した。「ブラジルは前日タイに負けたので日本を研究してくると思った。セッターを変えたらどうなるか」と、今大会で初めてスタメンに佐藤を起用した。相手ブロックに的を絞らせないトス回しで得点を重ねた。

 チームはまだまだ発展途上にある。この日、佐藤が先発したセッターは冨永との併用で、軸は固まっていない。リオデジャネイロ五輪代表の宮下もいる。その他のポジションでも多くの選手が起用されている。チームを編み上げる時間が続く。(川峯千尋)

最終更新:7/17(月) 7:55
産経新聞