ここから本文です

4REALが初優勝 マリリンも氷上に カーリング初戦

7/17(月) 21:45配信

朝日新聞デジタル

 カーリングの有力チームが集まる今季国内初戦、アドヴィックス杯最終日は17日、北海道北見市であり、今年2月の日本選手権準優勝メンバーらによる男子の4REALが初優勝した。9月にある女子の平昌(ピョンチャン)五輪代表決定戦に出場するLS北見は、準決勝で男子チームに勝ったが、決勝で4REALに4―5で競り負けた。男子五輪代表のSC軽井沢クは予選から唯一の4戦全勝で準決勝に進んだが、男子チームに連敗して4位だった。大会には16チームが出場し、男女チームが交ざって戦った。

【写真】アドヴィックス杯決勝でストーンを投げるLS北見の藤沢(右)と本橋


■控えのマリリン、観覧席から氷上へ

 今季から控えに回ったLS北見の主将本橋に、決勝で突然の出番が回ってきた。前半終了後にリードの吉田夕が右肩の痛みを訴え、2階の観覧席にいた本橋に手を振ってアピール。本橋は一瞬驚いた顔をしたが、「いつでも出られる準備はしていた」と氷に立った。「17歳の時以来」というリードで落ち着いたプレーを見せ、敗れはしたが存在感の大きさを示した。

朝日新聞社