ここから本文です

碧山が1敗守る 行司軍配差し違えで勝ち越し

7/17(月) 16:47配信

デイリースポーツ

 「大相撲名古屋場所・9日目」(17日、愛知県体育館)

 東前頭8枚目の碧山が行司軍配差し違えとなる接戦を制して、勝ち越しを決めた。

 碧山が体格を生かして前に出たが、千代の国は逆転を狙い突き落としを繰り出し、両者がもつれるように倒れた。軍配は碧山が不利とみて千代の国に軍配を上げたが、審判から物言いがつき、協議の結果、千代の国の足が先に出ていると判定。行司軍配差し違えで碧山の勝ちとなった。

 9日目での勝ち越しは自己最速となった。インタビューでは「うれしいです。前に出て良かったです。相手の足が出たのは見えた気がしてたけど、勝って良かったです。相撲が我慢できたと思います。明日1日集中していい相撲とれるように。一日一番で続けたいですね。最後まで」と語った。