ここから本文です

【ボート】まるがめSGにバクステ外神田一丁目が来場 「峰竜太にドキドキする」

7/17(月) 18:42配信

デイリースポーツ

 「オーシャンカップ・SG」(17日、まるがめ)

 ボートレース夏の頂上決戦「オーシャンカップ」の公式アンバサダーを務めるアイドルグループのバクステ外神田一丁目(そとかんだいっちょめ)が、香川県丸亀市のまるがめボートに来場。グループから選抜された、もえのあずき、朝倉ゆり、針尾ありさ、浜口藍子、松本ふうかの5人が場内イベントホールのステージでミニライブを実施した。

 普段は東京・秋葉原にあるカフェ「AKIHABARAバックステージpass」に所属するバクステ。今回はSGレースのアンバサダーに抜てきされたことで平和島、蒲郡、住之江、児島、福岡のボート場を訪れてキャンペーンを展開。いよいよ決戦の地、まるがめに登場して「ボートレースは生で見ると楽しいし迫力がある。スピード感と緊張感、歓声もすごい」と、もえのは大興奮。もえのは大食い女王アイドルでもあるだけに「秋には男女混合戦の大食い対決が控えているけど、いつも男性には勝てなくて4、5位で終わってしまう。ボートレースも男女が同じ舞台で戦うけど、男性たちのなかで活躍する女性レーサーはカッコイイです」と尊敬のまなざしを向けた。

 今回はメンバーそれぞれが“推しメン選手”もキャンペーン当初から設定。今回来場した針尾は、優勝戦1号艇の峰竜太を指名していた。「峰選手が優勝戦の1号艇ということでドキドキする。自分のこと以外で、こんなにドキドキしたのは初めてです」と悲願のSG初戴冠を狙う“推しメン”を一生懸命に応援した。

 つんく♂からの楽曲提供も受けているバクステは、カフェの常設ステージを活動拠点にしているグループだが、月ごとに仙台、名古屋、大阪で定期公演も実施。今月20日にはクラブチッタ川崎での「Stand-Up!LIVE~2017EarlySummer~」に出演。さらには国内最大規模のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL2017」にも8月4、6日の出演が決まっている。また、9月6日には選抜ユニットのエラバレシとしての4枚目シングル『怪盗?ブラックキャッツ』を発売と勢いに乗る。それでも、ホールコンサートは未経験だけに「まずは中野サンプラザに立ってみたい。さらには日本武道館とNHK紅白歌合戦へ」とSGの大舞台をライブ観戦して、メンバーたちも大きな夢を宣言していた。