ここから本文です

【F1】イギリスGP決勝 ハミルトンがポール・トゥ・ウィン

7/17(月) 14:17配信

ISM

 イギリスGP決勝が行われ、ポールシッターのルイス・ハミルトンが優勝を飾った。2位にヴァルテッリ・ボタスが入り、終盤にタイヤトラブルに見舞われたフェラーリ勢はキミ・ライコネンが3位、セバスチャン・ヴェッテルが7位に終わった。

 曇りのドライコンディションで行われたレースで、ハミルトンはスタートからフィニッシュまでレースをコントロールし、最後は2位のボタスに14秒差をつけてトップチェッカーを受けた。

 ライコネンとヴェッテルは終盤まで2位と3位に続いていたものの、9位スタートのボタスの猛追にあい、異なるタイヤ戦略で3位までポジションを上げたボタスにプレッシャーをかけられた。

 ボタスがヴェッテルを抜いて3位になった時、フェラーリドライバーは2人ともタイヤトラブルに見舞われ、ライコネンは3位に、ヴェッテルは7位に後退した。

 後続のトラブルを尻目に、ハミルトンはジム・クラークとアラン・プロストと並ぶイギリスGP5勝目を挙げ、ドライバーズチャンピオンシップでのポイント差を1にまで縮めた。(情報提供:GP Update)

最終更新:7/17(月) 14:18
ISM