ここから本文です

【次回注目馬】自在性が増してきたライトフェアリー、自分のリズムで駆ければ勝機拡大

7/17(月) 12:24配信

スポーツ報知

◆ライトフェアリー(7月15日、函館11R・STV杯、芝1200メートル=4着同着)

 イメージした競馬とは違う展開だったが、地力を見せた点が評価できる。内の3番枠からスタートを決めて、うながしてハナを取りに行ったが、思ったより行き脚がつかずに道中は5番手。それでも4角4番手から最後までじりじりと脚を伸ばした。

 勝浦騎手は「内枠だったので、行く気はあったんですけど、行けなかった。でもこれだけ走れている。イメージ通りの競馬ができていたら、違っていた」と、悔しい表情で振り返った。前走のUHB杯(函館・芝1200メートル)は外めから脚を伸ばして3着。2走前(東京・芝1400メートル)は逃げて失速して9着。レース内容も成績もムラなタイプだが、展開がはまれば一発がありそうで、引き続き狙いたいところだ。(坂本 達洋)

最終更新:7/17(月) 12:47
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ