ここから本文です

矢後、栃飛龍との全勝対決制し5戦全勝「チャンスを拾った感じですね」

7/17(月) 15:07配信

スポーツ報知

◆大相撲名古屋場所9日目(17日・愛知県体育館)

 大相撲の名古屋場所9日目は17日、愛知県体育館で行われ、昨年のアマ横綱で中大出身の東幕下11枚目・矢後(23)=尾車=が西6枚目・栃飛龍(30)=春日野=との全勝対決を制して5戦全勝。

 激しい攻防に館内から大歓声が上がった。攻め続ける矢後に対して栃飛龍は突っ張りで対抗。「スタミナが切れてしまいました。相手が強いので簡単にはいかないですね。攻めきれなかった。相手が突いてくるのはわかりました。最後はあきらめずにですね。チャンスを拾った感じですね」と大粒の汗をぬぐった。

 先場所は長い相撲で2敗している。今場所は長い相撲で白星を積み重ねた。「稽古を積んできたので自信はあったのか」との質問に「そうですね」と言い切った。先場所のようなバタバタするシーンが少なくなったのは、成長の証しだ。

 残り2番。このまま7戦全勝なら15年の名古屋場所で新十両昇進を果たした御嶽海(出羽海)以来、所要2場所での関取昇進も夢ではない。「(星勘定のことは)心のどこかにありますけど、考えないようにしています」と平常心を強調していた。

最終更新:7/17(月) 15:12
スポーツ報知