ここから本文です

【MLB】ダルビッシュ7回途中3失点、黒星免れるもレンジャーズはサヨナラ負け

7/17(月) 14:20配信

ISM

 テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手は現地16日、敵地でのカンザスシティ・ロイヤルズ戦に先発。6回2/3を投げて8安打、1四球、6奪三振、3失点(自責点は2)で勝敗はつかなかった。レンジャーズは3対4でサヨナラ負け。

 ダルビッシュは初回に自らの暴投で先制を許すと、味方が同点に追いついた直後の3回には2死一塁からマイク・ムスタカス三塁手のタイムリー二塁打で勝ち越しを許す。再び味方が2対2と追いついた直後の7回も2死一塁からウィット・メリフィールド二塁手のツーベースに味方のエラーが絡んで勝ち越しを許し、ここでマウンドを降りた。

 レンジャーズは8回にノマー・マザラ外野手のタイムリーで同点としたものの、9回に先日獲得したばかりのジェーソン・グリリー投手が2死満塁からロレンゾ・ケーン外野手にサヨナラタイムリーを浴びて万事休した。

 それでもダルビッシュは通訳を介し、「今日はスイープを逃したが、それでも最初の2試合を勝ったのだからこのシリーズは勝ち越した。次の遠征も全シリーズ勝ち越すためには集中力の維持が必要で、自分たちにできることをやるだけ」と話していた。(STATS-AP)

最終更新:7/17(月) 14:56
ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/26(水) 11:40