ここから本文です

園田競馬場でサンクスホースデイズ&ファン感謝DAY 3000人が馬と触れ合う

7/17(月) 17:25配信

スポーツ報知

 「そのだけいばフェスタ2017~サンクスホースデイズ&ファン感謝DAY&夏祭り~」が7月17日に園田競馬場で行われ、3000人の観客が詰めかけた。馬やポニーの引き馬、馬車での乗馬体験などがあり、多くのファンが馬と触れ合った。

 引退馬のセカンドキャリアを支援するサンクスホースプロジェクトの発起人であるJRAの角居勝彦調教師(53)=栗東=は「三木ホースランドパークから開始し、ようやく競馬場でどんどん開催できるイベントになりました。馬がこんなに魅力的であることを皆さんに知っていただきたい。子供から高齢者、障害を持っている人まで、みんなをいやしてくれる動物です」。関西の競馬場では初めてのイベント開催に、満足そうな表情を見せた。

 JRAの和田竜二騎手(40)、森一馬騎手(24)、岩崎翼騎手(23)、松若風馬騎手(21)=全て栗東=も駆けつけ、トークショーなどのイベントに参加。チャリティーオークションでは和田騎手の1000勝達成記念のブルゾンなどが出品された。

 この日は園田競馬が主催する夏祭りも行われ、厩舎探検隊、木馬deなりきりジョッキーなどのイベントが行われた。イベントに姿を見せた兵庫のトップジョッキー、木村健騎手(41)は「ケガはもう大丈夫です。頑張ります」と、7月に入って体調不良などで騎乗取りやめなどがあったが、ファンの前で全快を宣言した。

最終更新:7/17(月) 17:25
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ