ここから本文です

【南北海道】東海大札幌が7回コールドで初戦突破

7/17(月) 18:02配信

スポーツ報知

◆全国高校野球選手権南北海道大会 ▽1回戦 小樽潮陵0―7東海大札幌(17日・札幌円山)

 東海大札幌が小樽潮陵を7―0の7回コールドで下し、2回戦に駒を進めた。公式戦初先発の本間拓也投手(3年)が、4回を無失点に抑え、勝利へつなげた。

 試合前日の16日、大脇英徳監督(42)が「3年間一生懸命頑張ってきたので」と起用を決断。最後の夏に本間が大役を託された。「初めてなので、しっかり投げよう」と、最も自信を持つ直球にスライダーとチェンジアップを織り交ぜ、被安打は3と、期待に応えた。「緊張せずに投げられて良かった」と役割を無事に終え、本間は笑顔を見せた。

最終更新:7/17(月) 18:03
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 15:50