ここから本文です

ウーバーCEO辞任劇の裏側-カラニック氏は人材登用にも抵抗か

7/17(月) 1:46配信

Bloomberg

Bloomberg

ウーバーの最高経営責任者(CEO)だったトラビス・カラニック氏の辞任は投資家の「ノー」が引き金になった。関係者によると、ベンチャーキャピタル「ベンチマーク」のパートナーであるマット・コーラー氏やピーター・フェントン氏らが辞任を求める書簡を手渡していた。エリック・ニューカマー記者がリポートする。

最終更新:7/17(月) 1:46
Bloomberg