ここから本文です

平三中生らがリレー 東京でチャリティーマラソン

7/17(月) 9:30配信

福島民報

 東日本大震災で被災した東北3県と熊本県、東京都の中学生がタスキをつなぐ「チャリティーリレーマラソン東京2017」は16日、東京都内で開かれた。 
 福島県いわき市の平三中の夏井凌さん、渡辺健人さん、佐野麻理奈さん、泉沢ことねさん、根本美咲さん、伊勢崎彩音さん(いずれも3年)の6人が参加し、それぞれの区間を走り切った。 
 日本フィランソロピー協会の主催。日々谷国際ビル前をスタートし、国会議事堂前、東京スカイツリーなどを経由する約28キロのコース。途中で都内の企業や中学生が集めた寄付金の目録を受け取った。寄付金は参加した東北と熊本県の7校で分け、被災地の復興支援活動に役立てる。 
 泉沢さんは「マラソンを走るのは不安だったが、東京や熊本の中学生と仲良く楽しみながら走ることができた。学んだことを生かし、これからの活動に役立てていきたい」と話した。 

福島民報社

最終更新:7/17(月) 10:50
福島民報