ここから本文です

【名鉄杯】オウケンワールド4連勝!

7/17(月) 9:39配信

サンケイスポーツ

 名鉄杯(16日、中京11R、3歳上オープン(混)(特指)、別定、ダ1800メートル、1着本賞金2200万円 =出走15頭)好位につけた1番人気オウケンワールド(栗・西村、牡5、父クロフネ)が直線で内から伸び、2番人気センチュリオンの追撃を頭差で退けて4連勝を飾った。今回はオープン初挑戦で通算19戦6勝。タイム1分51秒9(良)。西村調教師は「同舞台の暮れのGIチャンピオンズC(12月3日)を目指したい」と興奮気味に話した。次は阿蘇S(8月12日、小倉、OP、ダ1700メートル)が視野に入っている。有力視されていたマスクゾロは左前肢跛行(はこう)のため、競走除外となった。

 ◆デムーロ騎手(オウケンワールド1着) 「すごく落ち着いていて好スタートを切れた。とにかく負けん気が強くて素晴らしい。これからも楽しみです」

 ◆内田騎手(センチュリオン2着) 「スムーズなレースができたが、勝った馬が強かった。きょうは間もあいていたし、まだ伸びしろがあると思います」

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ