ここから本文です

宇良、日馬富士から涙の初金星 「もうちょっと(言葉が)出て来ない」/名古屋場所

7/17(月) 18:04配信

サンケイスポーツ

 大相撲名古屋場所9日目(17日、愛知県体育館)平幕宇良(25)が横綱日馬富士(33)をとったりで破り、初金星を挙げた。宇良は立ち合いで低く当たると、前に出る日馬富士の右腕をつかみ、渾身のとったりを決めた。

 取組後の宇良との一問一答は以下の通り

 --初金星

 「自分の相撲を力を出し切ることができて精いっぱい。うれしい」

 --相手の腕を取る動きになった

 「もう体が勝手に動いた相撲になった」

 --勝った瞬間は

 「よくわからない」

 --土俵に降りても呆然としていた

 「信じられない」

 --横綱と対戦することを夢見ていた

 「もうちょっと(言葉が)出て来ない」

 --目頭が熱くなっている

 「いやちょっと…。力を出し切れてよかった」