ここから本文です

(朝鮮日報日本語版) 韓国のバス&地下鉄利用は便利な「Tマネー」交通カードで

7/17(月) 16:41配信

朝鮮日報日本語版

 韓国を訪れて空港鉄道や地下鉄を利用するとき、大抵は1回しか利用できない切符を購入する。しかし訪韓中に何度も地下鉄やバスを利用する場合は、「Tマネー」交通カードを利用すると非常に便利だ。

 「Tマネー」交通カードは、利用しやすい一方、駅では販売しておらず、近くのコンビニで買わなければならないという不便さがある。この点、ソウル駅-仁川空港駅間を結ぶ空港鉄道では、仁川空港に着いた旅行客が簡単に「Tマネー」カードを購入できるように、仁川空港駅とソウル駅にある一般列車の切符売り場券売機横に「Tマネー」カード自販機を設置し、好反応を得ている。交通カードの自販機を駅に設置したのは、韓国の地下鉄では空港鉄道が唯一。

 空港鉄道の場合、「Tマネー」交通カードを購入して一定の金額をチャージすれば、仁川空港駅-ソウル駅をノンストップで結ぶ直通列車と地下鉄1号線・4号線も簡単に乗り継ぎ利用できる。この場合、一定の金額をチャージした「Tマネー」交通カードを直通列車の顧客案内センターに提示して利用登録すればいい。

 そうして、直通列車でソウル駅に着いた後、1号線・4号線乗り換え通路の入り口にある乗り換えゲートに交通カードをかざせばゲートが開き、目的地の駅から出るときもゲートにかざせばいい。

■カードのチャージ残高の払い戻し方法

 「Tマネー」交通カードのチャージ残高が2万ウォン(現在のレートで約1956円、以下同じ)以下の場合、GS25、セブンイレブン、ミニストップなどのコンビニで払い戻しを受けることができる(手数料500ウォン〈約49円〉除く)。空港鉄道仁川空港駅・ソウル駅の自販機で購入した「Tマネー」交通カードの払い戻しも、駅ではなくコンビニで受けることになっている。

 ただし、カード購入費は払い戻しされない。「Tマネー」カードはリチャージして利用できることから、出国する際にカードを捨ててしまわず持って帰り、韓国旅行計画を立てている人にプレゼントしてもいい。