ここから本文です

シルクのような“美泡”を作る、ビールの注ぎ方

7/17(月) 20:50配信

ELLE ONLINE

銀座のバーテンダーがプロの技を伝授!

ビールを注ぐのが苦手、お店のように上手くできない……というあなたに、東京・銀座のバー「SO-WHAT」店主の栗岩稔さんが、特別な道具がなくても簡単に出来るビールのおいしい注ぎ方をレクチャー。タンブラーとひと口グラス、それぞれ注ぎ方が違うってこと、知ってた?

タンブラー編 STEP1

グラスを斜めに持ち、グラスの側面に当てるように注ぐ。こうすることで対流してきれいな泡が出来る。

タンブラー編 STEP2

グラスを少しずつ立てながら、泡が口のあたりにくるまで注ぐ。

タンブラー編 STEP3

グラスを置いてしばし待つ。大きな泡がプチプチとはじけて消え、細かい泡だけになったら、置いた状態のグラスに上から静かに細くビールを注ぐ。

タンブラー編 STEP4

まるで絵に描いたビールのような、こんもり泡の出来上がり!

ひと口グラス編 STEP1

グラスはテーブルに置き、上から勢い良くまっすぐ注ぐ。底にぶつけることで対流が起きて泡が出来る。

ひと口グラス編 STEP2

泡が液体より多くなりすぎたら、様子をみて加減する。口のあたりまで注ぐ。

ひと口グラス編 STEP3

大きな泡が消えるまで少し待って、真上から静かに細く注ぐ。

ひと口グラス編 STEP4

ひと口グラスでも、クリーミーな泡がしっかりと出来る。

教えてくれたのは……
栗岩稔さん
東京・銀座のバー「SO-WHAT」店主。バッグブランドに勤務後、バーテンダーに転身。夜な夜なおいしい酒と時間を提供する。
http://www.kuriiwaminoru.com/

最終更新:7/17(月) 20:50
ELLE ONLINE