ここから本文です

【MLB】青木宣親、後半戦初先発で今季11度目マルチ、逆転2点二塁打で勝利に貢献

7/17(月) 6:05配信

Full-Count

1点を追う4回にセンターへ2点二塁打

 アストロズ青木宣親外野手は16日(日本時間17日)、本拠地でのツインズ戦に「8番・左翼」で先発。3打数2安打2打点の活躍で、チームの勝利に貢献した。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 後半戦3試合目で初先発した青木は、1点を追う2回2死一塁で迎えた第1打席に、ツインズ先発ギブソンの4球目をセンター前に弾き返し、一、三塁とチャンスを広げた。すると、次打者マリスニックが右前適時打で続いて同点。貴重な同点機を演出した。

 再び1-2と1点を追う4回には、1死一、二塁の場面でセンターへ2点二塁打。試合を返す値千金のタイムリーが決勝打となった。

 第3打席は二ゴロ併殺に倒れたが、今季11度目のマルチで打率を.271とした。

 打線が軒並み好調で、なかなか出場機会に恵まれないが、少ないチャンスを生かしながら存在感を示していきたい。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/17(月) 6:05
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/20(月) 21:30