ここから本文です

フェデラーが単独トップとなる8度目のタイトル獲得 [ウィンブルドン]

7/17(月) 0:08配信

THE TENNIS DAILY

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3~16日/グラスコート)の男子シングルス決勝で、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)が第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)を6-3 6-1 6-4で破り、5年ぶりの優勝を果たした。試合時間は1時間41分。

フェデラー「もうすぐそこまできている」、ウィンブルドン史上最多の8度目の優勝を狙う

 ウィンブルドンに19年連続出場となったフェデラーは、同種目で史上最多となる8度目の優勝(2003年~07年、09年、12年、17年)を飾った。昨年は準決勝で、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)に3-6 7-6(3) 6-4 5-7 3-6で敗れていた。フェデラーは今大会で、1セットも落とさずに7試合を勝ち抜いた。

 今年1月に全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)を制したフェデラーは、自身の持つグランドスラム最多記録を更新する19勝目を挙げた。大会後に更新される世界ランクでは、昨年8月以来の3位に浮上することが決まった。

 この結果でフェデラーは、チリッチとの対戦成績を7勝1敗とした。昨年の大会では準々決勝で対戦し、フェデラーが6-7(4) 4-6 6-3 7-6(9) 6-3で勝っていた。チリッチは2014年の全米オープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)の準決勝でフェデラーを6-3 6-4 6-4で破り、唯一の勝利を挙げていた。

 2014年の全米以来となるグランドスラム2勝目を狙っていたチリッチは、ウィンブルドンでは2014年から3年連続ベスト8で、今大会で初の決勝進出を果たしていた。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 16: Roger Federer of Switzerland celebrates championship point and victory during the Gentlemen's Singles final against Marin Cilic of Croatia on day thirteen of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club at Wimbledon on July 16, 2017 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:7/17(月) 0:12
THE TENNIS DAILY