ここから本文です

障害者支援施設車内放置死事故 男性の告別式  (埼玉県・上尾市)

7/17(月) 14:49配信

テレ玉

上尾市内の障害者支援施設で利用者の男性が送迎用の車に放置され、熱中症とみられる症状で死亡した事故で、男性の告別式が17日、上尾市内の斎場で営まれました。

この事故は、7月13日、上尾市の障害者支援施設「コスモス・アース」を利用していた19歳の男性が、送迎用の車内におよそ6時間にわたって取り残され、熱中症とみられる症状で死亡したものです。

男性の告別式は、17日午前10時半ごろから上尾市内の斎場で執り行われました。出棺の際、参列者の中には目に涙を浮かべる人もみられ、男性との早すぎる別れを惜しんでいました。

また、16日夜行われた通夜に参列した女性によりますと男性は青いスーツに身を包み、そばには好きだったというミニカーやスポーツドリンクが置かれ、親族などは気丈に振る舞っていたということです。

事故を巡っては県警がおととい、業務上過失致死の疑いで施設を家宅捜索したほか、県も、今週中に車の運転手から事情を聴く予定で、施設の安全管理に問題が無かったかなどを調べる方針です。

テレ玉

最終更新:7/17(月) 14:49
テレ玉