ここから本文です

マレー兄とヒンギスがともに2度目の混合ダブルス優勝 [ウィンブルドン]

7/17(月) 3:00配信

THE TENNIS DAILY

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3~16日/グラスコート)のミックスダブルス決勝で、第1シードのジェイミー・マレー(イギリス)/マルチナ・ヒンギス(スイス)が前年優勝ペアのヘンリー・コンティネン(フィンランド)/ヘザー・ワトソン(イギリス)を6-4 6-4で破り、全試合ストレート勝利で優勝を果たした。試合時間は1時間10分。

マカロワ/ベスニナが2度目の決勝で初優勝、グランドスラム3勝目 [ウィンブルドン]

 今大会のマレー/ヒンギスは、初戦となった2回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のニール・スクプスキー/アンナ・スミス(ともにイギリス)を6-3 6-0で、3回戦で第13シードのロマン・イェバヴィ/ルーシー・ラデッカ(ともにチェコ)を6-3 6-4で、準々決勝でワイルドカードのケン・スクプスキー/ジョスリン・レイ(ともにイギリス)を6-4 6-4で、準決勝ではマルセロ・デモリナー(ブラジル)/マリア ホセ・マルチネス サンチェス(スペイン)を6-2 7-5で下して勝ち上がっていた。

 同種目では、2007年にマレーがエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)と、ヒンギスは2015年にリーンダー・パエス(インド)とのペアで優勝しており、ともに2度目のタイトル獲得となった。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 16: Jamie Murray of Great Britain and partner Martina Hingis of Switzerland celebrate championship point and victory during the Mixed Doubles final match against Heather Watson of Great Britain and Henri Kontinen of Finland on day thirteen of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club at Wimbledon on July 16, 2017 in London, England. (Photo by David Ramos/Getty Images)

最終更新:7/17(月) 18:14
THE TENNIS DAILY