ここから本文です

鈴木紗理奈さんも被害に… 海外でパスポートを盗まれたらどうすればいい?

7/17(月) 16:59配信

BuzzFeed Japan

女優・歌手の鈴木紗理奈さん(40)がスペインでパスポートの盗難被害に遭い、帰国できないトラブルに見舞われている。鈴木さんは国際映画祭の授賞式に出席していた。もしもの時、いったいどうすれば良いのだろうか。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

一度は訪れたい世界の27の絶景

鈴木さんは、自身が主演した「キセキの葉書」で「マドリード国際映画祭」の最優秀外国映画主演女優賞を受賞した。

パスポートを盗まれたのは日本時間の7月15日午前9時半ごろ。授賞式の前のことだ。ツイートによると、ホテル内で盗難被害にあったという。

防犯カメラには犯行の様子も映っていたといい、「プロの泥棒」「わたしの不注意。ずっと膝に抱えてなきゃいけなかった。日本とは違うし、ホテルの中やから気が抜けてた」などと投稿している。

これにより、17日に鈴木さんの出演が予定されていた群馬県高崎市のライブは休演することになった。

海外でパスポートをなくしたら、どうしたら良い?

海外旅行中のパスポートは、自分自身がどこの国の、誰なのかを証明するために欠かせないもの。持っていなければ、その国から出ることすらもできなくなってしまう。

外務省のホームページによると、鈴木さんのように盗難に遭うなど、パスポートがなくなってしまった際の手段は、2つある。

現地の在外公館(日本大使館や領事館)で、「帰国のための渡航書」を発行するか、新しいパスポートを発行するか、だ。

まず、警察などで証明書を発行しよう。

上記どちらの手段にせよ、なくなったことを証明する書類を求められる。

そのため、まずは現地の警察や消防(火事などの場合)に届け出を出し、紛失届け出証明書や罹災証明書などを発行してもらう必要がある。なお、この手続きに関しては、在外公館が助言をしてくれるので、不安な場合は相談しよう。

また、いずれの手段にも2つの書類で写真が必要になる。規定されている「縦45mm×横35mm」のものを2枚用意しよう。手数料もクレジットカードや円払いはできないので、注意が必要だ。

そのうえで、速やかに在外公館に足を運ぼう。なくなったパスポートは偽造される可能性があるため、できる限り早く失効しないといけない。失効すると、あとから見つかった場合でも使うことはできない。

1/2ページ

最終更新:7/17(月) 18:03
BuzzFeed Japan