ここから本文です

最短1か月で取得、介護との両立可能、介護終了後の就職に有利 「介護職員初任者研修課程」を取得しませんか。

7/17(月) 11:01配信

マネーの達人

超高齢社会

現在日本は「全体の人口の4人に1人が高齢者」です。

20年後には3人に1人が高齢者という時代が来ると予想されています。

そのため高齢者の生活を支えるための施策を整えることはもちろんのこと、介護に従事する人の需要も今までになく多くなっています。


■介護士の仕事がより身近になっている

そのような中で、実際に自身の親を介護している人や、介護サービスを受けている人など、介護に触れる機会がある人も多い中で介護士の仕事がより身近になっていることは確かです。
 
介護士の資格を取得するまでのきっかけはそれぞれですが、この仕事に関心を持ち取り組んでいくことは価値あることと言えます。

資格取得に至る現状

正社員として働きながら医療や介護関連の資格取得を目指す女性が増えているというデータがあります。

これは将来に備え、結婚や出産、育児後に働くことのできる仕事として計画的に先を見据えた形での取得と言えます。

■介護のために離職する人は年間10万人ほどいる

介護を行いながら仕事を行っているひとは2013年で290万人と言われています。

企業も介護離職を防ぐために介護休業を認める等対策を行っていますが、認知症等家族の世話がより必要になるにつれ、離職を避けることは難しくなります。


■介護終了後の職場復帰

往々にして介護を行うものの年齢層は40、50代となり、介護の必要がなくなった時点で仕事に復帰しようとしてもなかなか元の仕事に戻れないのが現実です。

そのような状況で新たな資格を取得しようとする方も多くいらっしゃいます。
 
加えて家族の介護をきっかけとして、介護の技術を習得することに関心を持ち資格を取得する場合も多くあります。

実際に学んでいたことが助けになったという声をよく聞きます。

介護との両立

ここからは先ほどあげた例のうち、親の介護をきっかけとして介護資格の取得をする場合、介護をしながら資格を取得できるのか考えます。
 
現在介護業界でまず取る資格としては、ホームヘルパー2級から移行した介護職員初任者研修課程です。

現状では様々な法改正等が多いですが、現在はまずこの過程を受講し、その後の実務者研修を経て、介護福祉士の資格を取得するようになっています。
 
■変更になった点

・ 介護施設での実習がなくなったこと
・ 実技研修の時間が増えたこと
・ 筆記テストがあること

です。

1/2ページ

最終更新:7/17(月) 11:01
マネーの達人