ここから本文です

伊豆観光列車「ザ ロイヤルエクスプレス」登場 その特徴は? 「ほんとに車内?」多数

7/17(月) 19:23配信

乗りものニュース

2種類の楽しみかたができる「ザ ロイヤルエクスプレス」

 新たな観光列車「THE ROYAL EXPRESS(ザ ロイヤルエクスプレス)」が2017年7月21日(金)、運転を開始します。走行区間は横浜駅と、伊豆半島の先端に近い伊豆急下田駅(静岡県下田市)のあいだ。走るのはJR東海道本線とJR伊東線、伊豆急行線ですが、東急電鉄と、そのグループである伊豆急行が送り出す列車です。

この記事の画像をもっと見る(67枚)

 日本各地に観光列車が走る現在、この「ザ ロイヤルエクスプレス」はどんな特徴を持っているのでしょうか。

「クルーズ」と「片道」、2種類ある乗車プラン

「ザ ロイヤルエクスプレス」は、列車への乗車(車内での食事付き)と伊豆の旅館やホテル、観光がセットになった1泊2日の「クルーズプラン」と、列車への片道乗車と車内での食事がセットになった「食事付き乗車プラン」という、2種類の旅行プランを用意。すべてお任せで旅することも、旅の一部に「ザ ロイヤルエクスプレス」を組み込むこともできます。

 2017年7月31日(月)必着(郵送の場合)で募集されている2017年9月出発分について、旅行代金(大人1人あたり)は「クルーズプラン」が13万5000円から、「食事付き乗車プラン」が2万5000円からです。

「プラチナ」「ゴールド」の2種類 サンダル「ご遠慮ください」

「ザ ロイヤルエクスプレス」の客席は「ゴールドクラス」と、より上級の「プラチナクラス」という2タイプの構成。「食事付き乗車プラン」の旅行代金(大人1人あたり)は「プラチナ」だと3万5000円ですが、「ゴールド」は2万5000円(子ども2万円)と比較的安価に設定されています。

「プラチナ」と「ゴールド」では食事の内容などが異なるほか、「プラチナ」は、男性は襟付きシャツ、女性は襟付きシャツまたはワンピースなどの着用が推奨されています。サンダルでの乗車は、「プラチナ」「ゴールド」とも「ご遠慮ください」です。

 なお「クルーズプラン」利用の場合、乗車は「プラチナクラス」になります。

親子、1両丸々キッチンも 「ザ ロイヤルエクスプレス」車内は?

「ザ ロイヤルエクスプレス」は8両編成で、定員は約100名。国内の観光列車としては最大級のキャパシティがあるというほか、8両と多い両数ながら、各車両がそれぞれ別の形の個性を持っているのが大きな特徴です。

1/4ページ